鮮度保持をトータルサポート

鮮度保持剤の選定、賞味期限の設定をサポート

お菓子をおいしい状態で消費者に届けるためには、適切な鮮度保持剤を選び、賞味期限を設定することがポイントになります。
どの鮮度保持剤を使えばいいのかわからない、現在使っているものが適切かどうか知りたいなどのお悩みに、豊富な経験とデータに基づき、お菓子の材料やサイズ、量、包装材料、製造方法、季節などを見極め、適切な鮮度保持剤の選定や賞味期限の設定をサポートいたします。

トラブルの原因特定、解明をサポート

トラブルや、鮮度保持剤が正しく効果を発揮できていない場合、鮮度保持試験を行いシール不良、ピンホール、鮮度保持剤が不適切、衛生管理の不備など原因を特定。問題解決や課題への糸口を報告致します。

製造現場、店舗の衛生管理をサポート

さらに、鮮度保持に大切なことは、製造現場や店舗、作業従事者の衛生管理です。
適切な鮮度保持剤を使っていても、製造現場の清掃、調理機械や器具の洗浄、包装機械のお手入れ、作業者の手指消毒、ショーケースのお手入れなどがきちんとなされていなければ、カビの発生や菌の繁殖につながることがあります。
また、食中毒やノロウィルス対策も避けては通れません。
ただ、お菓子屋さんに衛生対策をお聞きしたところ、

  • 器具の洗浄をするのに匂いがきつい
  • 作業台の除菌など、現在使っている液剤は手に触れると匂いが残る
  • 食材に匂いが移る
  • 小麦粉など粉ものは手が荒れやすいので、水のように刺激が少ないものがほしい
  • 店内の臭いやウイルス感染対策に、手軽で安全な方法が知りたい

など、現在の方法になんらかの不満や課題を抱えていることがわかりました。

当社では、除菌、消臭効果のある微酸性電解水「アクアサニター及びピュアスター(*)」で、製造現場や店舗、作業従事者の衛生環境の整備まで、お客様が安心してお菓子の製造・販売が出来るよう、トータルでサポートさせていただきます。



(*)アクアサニターは株式会社デイリーテクノの登録商標です。ピュアスターは森永乳業株式会社の登録商標です。