鮮度保持剤の選び方

how-to-choose

鮮度保持剤の使い分け、できていますか?食品の鮮度を保つには、適切な鮮度保持剤を選ぶことが大切です。

鮮度保持剤の選び方にはいくつか方法がありますが、今回は
・お菓子の食感
・お菓子の種類
の2つのアプローチで鮮度保持剤を選んでみましょう。

お菓子の食感で選ぶ

あなたのお菓子にあう鮮度保持剤の診断をしてみましょう。近い方の選択肢をクリックして進んでください。質問は4〜7問です。

鮮度保持剤に求める効果について

賞味期限について

乾燥剤の見た目について

食品の酸化(変色)について

鮮度保持剤の使用について

診断結果

シートドライヤー

シートドライヤー

吸湿性のある基材を両面からフィルムでラミネートしたシート状の防湿乾燥剤です。高い吸湿性能を持ち、使い勝手の良さが魅力です。

診断結果

シリカゲル

シリカゲル

優れた防湿包装、品質保持の必需品です。強力な乾燥剤として、食品全般、薬品の乾燥保管など幅広く使われています。

診断結果

ドライカル

ドライカル

石灰(酸化カルシウム)を主原料にした食品用強力乾燥剤です。加工工場内の一時保管の湿度管理、品質保持に大きな効果を発揮します。

診断結果

エバーフレッシュ

エバーフレッシュ

密閉容器中の酸素を吸収して、酸素ゼロの状態をつくり、食品等の鮮度とおいしさを保ちます。

診断結果

アルベール

アルベール

エチルアルコールを揮散させることにより、食品のカビの発生を防ぐ品質保持剤です。

お菓子の種類で選ぶ

水分活性値(Aw)に適応する鮮度保持剤の範囲を示しております。
代表的な食品例を参考にご覧ください。

水分活性値によって適応する鮮度保持剤が異なります。エバーフレッシュであれば、0〜1.0に広く対応するのがQ・QJタイプ、0〜0.8に対応するのがL・LJタイプ、0.8〜1.0に対応するのがKWXタイプです。
アルベールは0.5〜1.0、ファインパックは0.9〜1.0の商品に主に使用します。
乾燥剤は0〜0.6の商品にドライカル、0.1〜0.6の商品にシリカゲル、0.2〜0.6の商品にシートドライヤーが適応しています。
診断実績数5000件以上!適切な鮮度保持剤やトラブルの原因、注意点をアドバイス!お菓子の健康診断
鮮度保持剤のこと、衛生管理・品質相談、その他鮮度保持に関することなら何でもご相談ください。お問い合わせする