知恵のひろば(Q&A)

アソートクッキー缶を企画する時の注意点とは?

  • お菓子・食品事例
  • 乾燥剤シリカゲル
  • 乾燥剤シートドライヤー

クッキーのアソート缶を作ってみたけど、時間が経つと、それぞれのお菓子が本来の食感や風味と違うような気がします。

水分活性の「差が大きい」お菓子を詰め合わせているからです

ひとくちにクッキーといっても、配合や焼き時間によって水分活性に違いがでてきます。
組み合わせるお菓子の水分活性に違いがあると、容器の中で互いのお菓子の水分活性が均等になろうとして、高い方から低い方へ水分が移行します。

それにより、
サクサクとした食感が損なわれる
パサつきを感じる
など、本来の風味が変化することがあります。

水分活性の「差が小さい」お菓子の組み合わせがおすすめです

商品を企画する際、まずそれぞれのお菓子の水分活性を把握しましょう。

メインに据えたいお菓子がある場合は、そのお菓子の水分活性に近い商品を選ぶ、また調整をして近づけるなどの工夫をされるとよいでしょう。

水分活性の差が小さいほど、水分移行が起きにくく美味しさを保ちやすくなります。
組み合わせの際に考慮してみてください。

お菓子例Aw
クッキー0.1〜0.3
メレンゲクッキー0.1〜0.3
ガレット0.4〜0.5
フロランタン0.4〜0.5
ソフトクッキー0.4〜0.6
サブレ0.5〜0.6

食感や風味を保つために、クッキー缶には、乾燥剤シリカゲル、またはシートドライヤーをおすすめします。
※水分移行は乾燥剤を入れても防げません

診断実績数5800件以上!適切な鮮度保持剤やトラブルの原因、注意点をアドバイス!お菓子の健康診断
鮮度保持剤のこと、衛生管理・品質相談、その他鮮度保持に関することなら何でもご相談ください。お問い合わせする