知恵のひろば(Q&A)

脱酸素剤の検知剤をもっと見やすくするには?

  • 製品について
  • 脱酸素剤エバーフレッシュ

脱酸素剤の検知剤付きは便利なんだけど、表と裏の入れ間違いや、ラベルに隠れて確認しづらいことがあります。
もう少し使い勝手の良いものはありませんか?

裏表を入れ間違えて、検知剤が見えない!

脱酸素剤エバーフレッシュの裏表を入れ間違えた!検知剤が見えない!
今、どのエバーフレッシュを使っていますか?
片面の真ん中に小さな検知剤がついているタイプです。
両面から見えて、検知剤の大きいタイプを使ってみませんか?そんなのがあるの?
これなら、手に取って袋にいれるだけですね!なるほど、検知剤もわかりやすい!

手にとって入れるだけでOK

エバーフレッシュVQタイプは、両面に検知剤がついているので、入れ間違いがありません。

表裏を気にせず作業できるので、作業時間の短縮にもつながります。

検品しやすい

エバーフレッシュVQタイプを商品の裏面(底面)に入れた場合、菓子包装の裏面に表示ラベルを貼っても、検知剤の面積が大きいので、検知剤が見えやすく検品しやすくなります。

こんな使い方も!お客様使用事例紹介

高さのある焼き菓子に、エバーフレッシュVQタイプを側面に縦方向に使用されています。ラベルの影響を受けず、少し斜めに傾けるだけで一目で見えると好評です。

診断実績数5800件以上!適切な鮮度保持剤やトラブルの原因、注意点をアドバイス!お菓子の健康診断
鮮度保持剤のこと、衛生管理・品質相談、その他鮮度保持に関することなら何でもご相談ください。お問い合わせする