知恵のひろば(Q&A)

脱酸素剤の効きが弱いような…シールがきちんと留まっていないのでしょうか?

  • 包装・流通・保管
  • 脱酸素剤エバーフレッシュ

熱シーラーによって、袋の向き不向きがあるの?

脱酸素剤を入れてるのに効きが弱いような…。熱シール機と袋は何を使っていますか?
卓上タイプのシーラーとガゼット袋です。充分に熱が伝わらず密封できていないのかもしれませんね。
ガゼット袋はダメなの?片面加熱のシーラーには、カマス袋や背貼り袋の方がいいです。ちなみに、背貼り袋はおもて面を熱源に向けてシールするのがコツです!そうなんですね、やってみます!

熱シーラーと包装袋には相性があります

片面加熱のシーラーの場合、包装袋の種類によっては熱が十分に伝わらずシールが密封できないことがあります。
フィルムの重なりの少ないカマス貼り袋背貼り袋がおすすめです。マチのあるガゼット袋は向きません。

脱酸素包装するには、酸素バリア性のある袋を使い、熱が充分に伝わるシール幅10mm以上の両面加熱のシーラーがおすすめです。

熱シールする際のポイント

  • シーラーに差し込む袋の間口にシワが入らないようにする
  • 背貼り袋の場合、表面(貼り合わせていない面)を熱源に向けてシールをする

シールチェック用のスプレーや水没による確認で、実装テストを必ず行ってくださいね!

診断実績数5800件以上!適切な鮮度保持剤やトラブルの原因、注意点をアドバイス!お菓子の健康診断
鮮度保持剤のこと、衛生管理・品質相談、その他鮮度保持に関することなら何でもご相談ください。お問い合わせする